自分語り欲発散帳
21投稿 (2022/04/27 23:08:19)
はい。パワプロ2022の話です。

パワーカーブがとにかく打てない。本当に打てない。ただでさえ下変化系が苦手なのにドロップカーブより早くて鋭い斜め下変化は無理なんよ。


↑お前のことやぞ。パワーカーブでどんどん押してくるな。笑い方特徴的やな

結構変化球も変わっててカットボールもほんの少し斜め下に行ったりとかで微妙に変化球の軌道変わってて打ちにくくなってるのがありますね。

パワーカーブの名前と性能で投手作る時とりあえずパワーカーブ入れてしまう。悲しき強キャラ厨



パワプロ2018以来で3年ぶりにパワフェスやってますが今作はわりと快適な感じ。

センターラインをしっかり固めたら馬鹿試合になりにくい気がするのと高速試合で失点しまくるみたいなのも減ってる気がする。

ルーレットの条件結構めんどくさかったけど今回はチームごとに最初から条件が決まってるのでどこ行こうかがわかりやすくて良いですね。

でも強いチームだとルーレットのが楽だったときもあるから一長一短といった感じ。抜け道はあるので強いチームにはその抜け道を使いましょうという感じかな。

あとはなんといってもキャラが300人超える大規模なことになってるからキャラ集めが大変だけど楽しいですね。

自分は元々サクセスのキャラが好きなので99の冥球島というパワフェスの前身みたいなモードが好きだったのでいっぱいキャラが出てきて楽しいです。

マネージャーもいっぱいいるしサクセスキャラ同士のちょっとした掛け合いもいっぱいあってその辺が好きな自分は毎日わーきゃー言いながら遊んでおります。

にしても女の子選手めちゃくちゃ増えたなぁという感じ。女の子だけで1チーム組めるぐらいは余裕でいます。

あおいちゃんしかいなかった時代からやってるからなんというか感慨深いですね。友沢みたいな能力の選手とか最近ではオールAまで居るという。


↑この子は普通の人ではないからこういう能力に。最近はインフレがすごい


↑この人は吸血鬼だから能力が凄まじい。ちなみにユニフォームは着ません。自前の服で参戦。キレイな服汚れちゃわない?


そんなわけでキャラがとても多いので男女対抗戦が出来たり12球団にサクセス選手を振り分けてペナントしたりとまだまだ楽しく遊べそうな感じです。

まだパワフェスしかほぼほぼ遊んでないのでこっからサクセスと栄冠ナインがあるのでまだまだ遊べそう。1ヶ月ぐらいは行けるんちゃうかな。

前のパワプロと何が変わってるの?って言われると正直ほとんど変わらずいつものパワプロなんで前ので満足したなら多分買わなくても良さそうです。

12球団にサクセス選手まんべんなく振り分けたいけどどうやってやろう・・・というのが今の悩みです。

38投稿 (2022/04/10 23:24:40)
私は日頃からゲーム音楽を聞くことが好きで移動中や作業中や寝る前などいろんなときに聞きます。

自分が使ってる音楽プレーヤーの中身も半分ぐらいはサントラとかゲームのOPEDとか挿入歌じゃないかな?という感じ

なんでこんなゲーム音楽が好きなんだろうなとふと思ったのでそれを文章に書いてみるかと思って今これを書いてます。


元々はそんなにゲームの音楽に興味はなかったんだけど高校生ぐらいからゲームの音楽を意識することが増えてった気がします。

そもそもそれ以前は周りのみんなに付いていくために流行りの曲を聴いててそれはそれで楽しかったんだけど高校に入ってその機会が減って

それくらいからRPGにハマりだしてその時ぐらいから意識し始めたのかなと。

あと自分の高校生のときぐらいから東方が流行り始めた?というか動画サイトで人気になってその辺の曲聴き始めてからってのもあったと思います。

でも意識し始める前からストリートファイターZERO2のさくらステージの曲がすごい好きだったから元々そういうのが好きだったのかな。

自分のゲーム音楽好きはどこから?って改めて考えると結構きっかけがあるんだな・・・もっとまとまってから書くべきだった気がするけど日記だから良いね。良い。

ゲーム音楽を意識し始めたのは上に書いたやつのどっからかだけど高校生ぐらいからだったのは間違いないと思います。その時くらいから音楽プレーヤーの曲構成が明らかに変わっていったので。


で。なんでこんなにゲームのBGMにハマったというかよく聞くようになったのかなーと考えたら少し理由がわかった感じがしました。

自分は普通の歌聞くときにこの曲好きだなって最初になるところは曲調だったんですね。歌詞を感じながら歌聞くというのが昔から苦手でした。

歌詞の意味を理解し始めるのはその曲を何回も何回も聴いてやっと歌詞を覚えてきてそっからっていうすごい遠いところで

なんなら小学校とか中学校のときに流行った歌もあんまり歌詞を感じて聴いてなかったりしてあんま聴いてる意味ないというか自分にはもったいないんじゃないかって心のなかでどっかあったんだと思います。

なので歌詞よりもメロディメインで聴いてたのもあってゲームBGMはメロディをメインで聞けるからそれで歌からゲームBGMに移っていったのかなと。

という感じでゲーム音楽をよく聞くようになったんですね。最近はゲーム音楽以外もジャズやピアノ曲とかも聞くようになってきてるけどやっぱり歌詞がないBGMになるような曲を好んで聴いています。


ゲーム音楽を聞く配信すごいやりたさはあるけどまあいろいろとあってできなさそう。多分それだけで1配信余裕で行けるぐらいは楽しいと思うけど・・・

自分の好きなゲーム曲ランキングとかも作ってみたいけどそれしだすと多分一週間とかじゃ足りないかもしれないぐらい悩むのでとりあえず次また書く機会があればランキングとか好きな曲紹介の記事をそれだけで書こう。てか書きたい。


ということでなぜこの記事を書きたくなったかというとワンダーモモのBGMが良かったのとそっからの流れでナムコクロスカプコンのOPを聞いたから唐突に書きたくなりましたとさ。単純ね。

一旦終わり。もしかしたらこっからなんか続き書くかもだし書かないかも。

40投稿 (2022/04/09 09:57:46)
自分は対戦格闘ゲームが好きでよくやります。

人の思考を誘導したりこれされたら嫌だろうなみたいなのとか考えるのは苦手なのになんで格ゲーこんな好きなんだろうってなる時があるのだけれど

キャラが好きだったりコンボがかっこよかったりでボタン押して動いてくれるのが楽しいからなんだろうなと。

ほんとはCPU戦でコンボしたり動かしたりしてるだけで満足するはずなのになんか物足りないのは自分が練習してきたコンボ見て欲しい!ってのが多分どこかにある。

それを見せてすごいな~って言われたいってのが多分8割9割原動力になってると思う。

実際今でも絶対コンボ当てたいだけマンになって練習してきたコンボの始動技だけを強引に当てようとしては失敗して他の技とか練習してないから

そのまま対処できずに負けるを何百試合も繰り返してやっと動くみたいな感じをずーっと懲りずにやって

負けたら負けたで一人前に悔しいしあんまりに負けが込み始めるとイライラし始めるときもあるしでほんとは格闘ゲーム全く向いてない性格してるんだろうなって自分でもわかってはいるんだけどこれからも多分同じことしてるんだと思います。

練習してうまくなるゲームが好きだからってのもあるのかなーとは思ったり。だからアクションゲームとかSTGとか一人でやるゲームのが向いてる説はめちゃくちゃある。

うーん・・・でも多分格ゲーは辞めることなさそう。一生同じこと繰り返しちゃうのわかってるけどやめなさそう。難儀




こっからは自分が選ぶキャラの話
これは多分いろいろ書くよりスマブラの今のメインで使ってるキャラのことを書くとわかりやすいきがする。


・ケン
 一回触ったときの火力が凄まじいのとコンボ練習が必要でそのコンボ練習が楽しくて出来たらうまそうな感じが出る。
 触っててめちゃくちゃ気持ちがいいし楽しい。最高。御曹司 んほ~


・ホムヒカ
 基本手詰まりしにくくて動かしやすい。コンボもちょっといい感じに見える。動かしてて何より楽しい。
 火力も十分。あとは容姿が良い。最高。えっち。


・ロボット
 この子も手詰まりしにくい。全部の技が強くて動かしやすい。コンボもあるし即死コンボまであって練習しがいがあって楽しい。
 火力も高い。セットプレイ練習すればするほどうまくなる。ロボなのにかわいい。最高。 プラスチック

こんな感じ。

強キャラが好きなだけじゃない?って言われるとそうかもしれないけど

・癖が少なくて動かしやすい
・火力がとれる
・コンボ練習が楽しい
・一人でトレモで練習しててもある程度はうまくなれるキャラ
・容姿がかっこいいorかわいい 
・手詰まり起こしにくい
・相手の行動に対して回答がつけやすい
・スピードも平均ぐらいは絶対欲しい
この辺が軸なんだなという感じ。

軸にしては軸が多すぎて満たすの強キャラしかいなくねえかこれ・・・

全部は満たさなくても2つ3つぐらいこの中に引っかかってくれればとりあえずやってみようってなるかな。

とまあこんな感じで他のゲームで選ぶことも多いかな。でも5割ぐらいは容姿で選ぶかなという感じ。

やっぱり好きなキャラで遊ぶのと好きなキャラで勝てたら一番楽しいもんね。

これからも多分格ゲー辞めることは無いと思うしこの項目の中から選んでると思います。対戦ゲーム難しいけど楽しいね。おしまい

45投稿 (2022/04/03 19:25:46)

The Messenger 本編クリアしました(DLCはまた気分が乗ったら)

ゲームとしては昔ながらのアクションゲームと言った感じだけど操作性などが格段に良くて動かしててとにかく気持ちが良かった。

そしてドット絵でファミコンを意識したようなゲーム。ドットはとてもキレイでよく出来てるなと思いました。

壁張り付いたあとに張り付いたまま上下に動けるのはもちろんダメージのノックバックを空中でキャンセルして動けたり

あと一番良かったのは空中で攻撃をオブジェクトや敵に当てるとジャンプが回復して空中でもう一回ジャンプできる。これがとても良かった。

ゲームを進めていくと使えるようになる鉤爪ロープと組み合わせると本当に忍者アクションとしてとっても爽快で楽しかったですね。


一段ジャンプで届かないような場所でもこの明かりを切ると


これくらい高くジャンプ出来る。これがこのゲームの基本動作になるけどこれがとにかく楽しい。

前半は忍者龍剣伝のような面クリア型でステージボスを倒して次のステージに行くよくあるやつでそれが続くんだろうなと思ってた。

しかし後半一気にゲーム性が変わりメトロイドヴァニア系に!しかもファミコン風のドットからなんとスーファミ風のドット絵に。

前情報を何も入れずにやっていたのでこれにはめちゃくちゃ感動と感心。スーファミのゲームが好きなおじさんなのでめちゃくちゃ刺さりました。

  

↑この2つが同じステージで交互に入れ替わる。あまりにもおじに刺さる

こんな感じで8ビットの世界と16ビットの世界を行き来してステージギミックを解いていく探索型になり1粒で2度美味しい感じになってます。

道中もボスも良い難易度で簡単すぎず難しすぎずと言った感じの難易度。たまにむちゃくちゃしんどいとこもあったけどほんとにたまになのでちょうどいい。

少しめんどくさいなと思ったところはメトロイドヴァニア系になったのはいいけどファストトラベルが殆どなくて移動が面倒だったのと

これは仕様だからしょうがないにしても壁張り付き関連がちょっと融通聞かないなという感じ。

それ以外はとても良く出来ておりBGMもファミコンスーファミを意識してるし良いBGMが多かったです。ショップのBGMは頭に残ります。

という感じでとても良く出来てるアクションゲームという感じで楽しく遊べました。 おしまい

すごいな!めっちゃ長かった!

最後まで読んだのはそっちだ

・・・

他に要件は?

もっと他のゲームの感想は?

あるぞ。こんなのはどうだ・・・   To be continued...

46投稿 (2022/04/02 20:07:35)
つい先日に14年間つれそったPC用に使ってたモニター君が壊れてしまわれてなかなか大変でございました。

まあ流石に14年使ったからしょうがないとはいえいきなりモニターになんも映らなくなるのは焦る。

にしても2021年度内にいままで使ってたゲーム用も6月ぐらいに壊れちゃったし今年で2つともまさか壊れるとは・・・

なのでいい機会なのでゲーム用に使っていたモニターをPC用にして今流行りのゲーミングモニターを買うことに。

こういうのって丁度セールが終わったときに壊れてほんまよ~っていつもはなるんだけど今回は運良くセールが丁度来てたので購入


https://www.iodata.jp/product/lcd/gaming/ex-ldgc243hdb/
↑これを買いました。最近よくIOデータの商品を買うおじさん。


23インチってちょっと小さいのかなーって思ったけど今まで使ってたやつが21インチと19インチっぽかったのでめちゃくちゃでけえ・・・

27インチ使ってる人も多いらしいけど27て相当でかそうで自分の部屋だと23でちょうどよかったのかなと。


2インチ違うけどどんなもんかなーと思って普段やってる対戦ゲームで確認してみたけどおもったよりも全然ちがくてびっくり。

単純に画面が大きくなってるから感覚が少しずれてていつもなら投げられてるなーってとこが投げを透かしちゃったりゲージが遠くて見にくかったり。

多分使っていけば慣れると思うしなにより画面がすごい綺麗。発色が良い。こりゃゲームが少し楽しくなるね。

あとAPEXで単純に相手が少し大きく見えて当たりやすくなった気がする・・・これはプラシーボ効果かもしれないけど。

買ったけどあんまこのモニター良くないなー失敗したかな?って感じにならなくてよかった。今のところとても満足しています。


とまあこんな感じでこれからお世話になっていくゲーミングモニターちゃんはなかなか優秀そうな子で5年10年持ってくれたらいいなーと思います。



4月に買う予定だったゲーム一本5月送りだな・・・欲しいものがあるときに限って臨時の出費が出る現象は何( 'ω')

54投稿 (2022/03/26 11:37:06)


ENDER LILIESを無事A・B・Cエンド達成しました。

暗めのゲームなのと高難易度系のゲームで途中でやめちゃうかもなと思ったけど結果的には最後まで楽しく遊べました。

難易度も難しめではあったものの理不尽さを感じることはなく覚えていけばいい感じに気持ちよく立ち回らせてもらえました。

ボス戦に関しては特にそれが出て痛気持ちいい感じ。苦しい・・・!でもちょっとずず上手くなってるもっかいもっかい!ってな感じになり

もうこのゲーム無理だ・・・とはならなくて良い難易度調整してるなーと思いました。

あとは好きなスキルで攻略できるのは自分が好きな要素でした。

棍棒を降るおっちゃんがあまりにも強かった。すぐスタン取れるし攻撃力はあるし範囲はめちゃくちゃ広いしで頼りになるおっちゃんだった。


↑赤い軌跡が出てるところが攻撃範囲。頼りになるおっちゃん 最後までありがとうな


最初からいてくれる黒騎士さんは最後のほうまで強化出来なくて結局あまり使うことはなかったのはちょっと残念。

使いやすいスキルが多くてもし次があるならまた違うボス戦の攻略の仕方ができそうで面白そうな感じ。

ストーリーはかなりややこしくて正直全然理解できてないからそこはもったいなかったところなのでまた機会があったらtipsがいっぱいあるのでそれ読んでみようかな。

全体的に高水準でまとまってて楽しかった!

メトロイドヴァニアがやりたくてアクションに少し自信があるよ!って人は是非やってみてくださいね。

©BINARY HAZE INTERACTIVE Inc.



56投稿 (2022/03/23 19:10:31)
くくるにブログを書けるサービスがあることを知ったのでちょっと使ってみる。

配信でクリアしたゲームの感想とかたまに長い文章書きたい時があるけどツイッターに書くほどでもないみたいな自分語りでも書くことにしようかなと。

昔はいろんなところでこういう日記みたいなのを書いてたけどツイッターが出来てから全部それに書いちゃってブログなんて久しくやってないから文章がめちゃくちゃに
なることもあるかもしれないけれどまあそれはしょうがないということで。

ということで細々とたまに書いていくかもしれないしこれっきり更新しないかも知れないけどやってこう。

56投稿 (2022/03/23 19:09:08)
kukuluBlogは天才チンパンジーでもブログが書けることを念頭に開発されました。
驚くべき低機能で設定項目は最低限。
あなたは今すぐにブログをはじめて、すぐに飽きることができます。



ブログの記事は「ブログ記事の作成と管理」ページから投稿・管理ができます。
この記事は「投稿済み記事の一覧」の「ようこそ、kukuluBlogへ」から編集ができます。
目を通したあとに削除していただいて結構です。

・kukuluBlogでは、HTMLタグはもちろん、JavaScriptも記事中に自由に含めて利用ができます。
(自動改行とURL自動リンクは記事投稿時のオプション設定から記事ごとに無効化できます。)

・ファイルは画像しかアップロードできませんが、「配信者アップローダー」を併用することでその他ファイルの提供も可能です。

・「がめんなう」のURLをそのまま記述するだけで、自動的に画像のサムネイルを表示します。


≪≪ ≪ 前へ
1 / 1 ページ
次へ ≫ ≫≫




(c) 自分語り欲発散帳.


kukuluBlogは、kukuluLIVEのユーザがブログを作成できるサービスです。
公開されている記事、写真等のデータはユーザが作成したものです。