マビノギのアレ2
3256投稿 (2013/02/21 01:58:23)
いやー、まさかCSSが実装じっそうされるとは思いおもいませんでした。
CSSとか実にじつに興味きょうみがないんですけども、いやないというかあるんですけどね、はい。
そのわたし文章ぶんしょうというのはとてもこうギチギチ詰まっつまっている密集みっしゅうけい文章ぶんしょうなので、CSSで行間ぎょうかんたかさを設定せっていできないとなんだかとっても読みよみづらい記事きじになってしまうんですよ。はい。これは困っこまった、ということでCSSが重要じゅうようになってくるわけでも。文字もじもう少しもうすこし大きくおおきくしたほうが読みよみやすいかもしれないので、そのあたりはまぁ適宜てきぎ調整ちょうせいしていくということでよろしいでしょうか。
いやいや、よろしいでしょうか?なんて書きかきだしたがもう次回じかいはないかもしれないくらい飽きあきている現状げんじょうです。ブログというものはアイデアをためておいて吐き出すはきだすメディアであって、ある程度あるていどアイデアを蓄積ちくせきできるひとや、ブログにおこす余裕よゆうのあるひと向けむけなのかと思うおもう我々われわれ即時そくじてきな、いわゆるアホの向けむけなのはいわゆるツイッター、ということになる。正直しょうじきブログは続かつづかない。なぜ続かつづかないって書くかくことがないから。毎日まいにち毎日まいにちだれかに発信はっしんすることがあるなんて、それはすごいことだと思うおもうの。まぁなので向いむいときに、そう、としに1-2かい更新こうしんしようと思いおもいます。



とまぁ、くくさまへの(CSSを実装じっそうしてくれたことに関するにかんする)感謝かんしゃ気持ちきもちはこれくらいにして、本題ほんだい入るはいることにする。
配信はいしんしゃイベントのけん配信はいしんしゃイベントってどーなのさ!ってお話おはなし
こういうはなしをするときまず分類ぶんるい、ってのが大事だいじだと思うおもうからざっくり分類ぶんるいすると。
TA
とそれ以外いがい
になる。



TAのポイントは「どんなダンジョンを」「どんな縛りしばりで」「どんなメンバーで」クリアさせるか、でゲームバランスが非常ひじょう大事だいじなのである。
配信はいしんしゃイベントの代表だいひょうかくといってもいいTAはとにかくそのゲームバランスやとっつきやすさで、流行り廃りはやりすたりがきまる。
かく言ういうわたしも、このTAなるものを考えかんがえてみたことがある。なんか盛り上がるもりあがるTA作れつくれねーかなーなんて。しかし実際じっさい難しいむずかしい、マビノギのダンジョンなんてもうなんねん新しいあたらしいもが実装じっそうされていないわけで、つまらんダンジョンにはだれ行きいきたがらないし、そうするとかげミッションかペッカくらいじゃねーか!わらわら、となるわけで、その繰り返しくりかえし思考しこうルーチンから抜け出せぬけだせず、挙句あげくぼく考えかんがえ最強さいきょうのマビノギを発表はっぴょうするにいたってしまう。



ところで、これはもうおなじみ(実際じっさいはおなじみではない)になっているが、わたし考えかんがえ面白いおもしろいダンジョンは、自由じゆう配置はいちがたダンジョン。である。いわゆるギルドホールのようなインスタントダンジョン作成さくせいすることができて、好みこのみ部屋へやすうとか、迷いまよいどう割合わりあいとか、セクションごとのてき湧きわき詳細しょうさい指定していして、部屋へやすう難易なんいから発生はっせいする商品しょうひん一覧いちらんから選択せんたくできる、というものである。MMOなので自由じゆう下がるさがるのはもうある程度あるていどしょうがないと諦めあきらめているわけだが、エンドコンテンツ、というものを考えるかんがえるにあたってはある程度あるていどのカスタマイズせい高いたかいなにか(戦争せんそう個人こじんダンジョンとうとう)が求めもとめられるようながする。
全てすべて終えおえ廃人はいじん遊び場あそびばをどこに用意よういするか、という命題めいだいがMMOには存在そんざいするのである。(だからどうした!)



ばなしがそれたが、そういったTAを考えかんがえられないまけ思考しこうルーチンからひねり落とさおとされたなぞ企画きかく、TA以外いがい配信はいしんしゃイベントで、わたし唯一ゆいいつ企画きかくしたものがこちらのひとりごとTAだ。ルールはもう覚えおぼえていないが、とにかくトークりょく生かしいかしてしゃべくりまくる、というような内容ないようだったと記憶きおくしている。まぁ正直しょうじき昨今さっこん配信はいしんしゃ地図ちずからしたら、うまいといえばぱっぷさんとかそーきゅーさんとかが筆頭ひっとうだし、わたしはまぁどちらかといえば雑談ざつだんダラダラけい配信はいしんしゃなので、こういうトークりょくきもになってくる企画きかくをしたわけだ。



まぁ知っしっているひと多いおおい思うおもうが(実際じっさいにおおい)、企画きかくしたわたし当初とうしょの2-3にんやってくれればいいかなっていう謙虚けんきょ思惑おもわくとは裏腹うらはらに、地上ちじょうやく2/3の人間にんげん参加さんかするだいイベントになった。そして、お恥ずかしながらはずかしながらイベント企画きかくしゃわたしが1をとってしまい、最後さいごはキャンプファイヤーを囲みかこみみんなでマイムマイムを踊るおどるという盛大せいだいなイベントになった。



現在げんざいイベントを企画きかくするとくくようからなんかゴミみたいなバッジがもらえるみたいなので、興味きょうみがあるひとはイベントを参加さんかしてみるのもいいかもしれません。
ではごきげんよう。





(c) マビノギのアレ2.


kukuluBlogは、kukuluLIVEのユーザがブログを作成できるサービスです。
公開されている記事、写真等のデータはユーザが作成したものです。