ハム緒のブログ
495投稿 (2019/01/22 20:31:30)
テスト投稿にこんな記事を書いてみる。タイトル通り龍が如くオンラインについて。

まずゲームが数年前の古臭いソシャゲで、戦闘は強いSSRを並べて殴るだけのメンコである。
そこらへんはこの際省くのだが、細かいところで運営のセンスを感じない。それらを列挙してみよう。

意見が一番多く見られるのが龍が如くの既存キャラが追加されない。新キャラや女ばかりでもはや如くである意味がない。
相当批判が多かったのか運営が焦って「月に2体は如くのキャラを追加します」と言い出したのだが、元々そんなちんけな量も追加予定がなかったのか、ということと月2体は少なすぎる。
そして1月末にイベント予告された如くキャラは既にRが実装済みの狭山。新規に追加しろ。

スクラッチイベントは大変不評だった。どこの世界で好評だったのか聞きたいところ。

サービス開始前に人気投票をやって10位以内のキャラはなんらかの形で実装と言っていたのだが、まだ半分も実装されていない。

桐生一馬でさえゲームにいない。なにを考えているのか。

さて、イベントには特攻キャラというものが存在する。

こちらが今回のイベント。後述しているがこの女に特攻はない。

こちらも意味不明で、今開催しているイベントだと特攻はRの春日一番、SR秋山駿、SSR田中シンジ、そして新キャラのSSR忍者。
攻撃力や獲得ポイントが上がるのだが、まずガチャで手に入る忍者の倍率が高いせいでそいつがいないと話にならない。
他の特攻キャラに関して、主人公である春日一番はわかるのだが秋山やシンジに関しては今回のイベントになんの関係もない。何故特攻キャラなのか不明な上にSSR忍者に比べると倍率があまりにも低い。忍者は最大3倍のところ、他は攻撃力1.7倍、ポイント獲得量1.2倍、Rの春日一番に関しては1.1倍。
ちなみに最大と表記したが、限界突破、所謂同一カードを複数重ねないと倍率は上がらない。一応突破の手段としてアイテムもあるが取得数は極小のため要はガチャで出してねという話。当然確率は渋く、金額は10連5000円だ。
そして特効キャラが4体だけと少ない上にイベント配布で手に入るキャラには特攻がない。普通に考えて配布キャラに特攻ないのは謎すぎる。

毎回特攻キャラとして添えられる主人公、Rの春日一番。雑魚すぎて編成に入れてもすぐ死ぬ。なんのために存在しているのか?

今回のイベントは救援イベント。レイドボスをアイテムで呼んで皆で殴るというものなのだが、何故かこのゲームでは一体のボスを殴ると倒しきるまで他を殴れない、ボスも呼べない。他のゲームだと複数殴って皆が倒すのを待ち一気にポイントを稼げるのだがそれさえ出来ない。ストレスである。
ちなみに一体のボスを複数回殴っても決まった報酬以上にポイントは貰えない。どこまでクソゲーだ。

イベントについて色々書いたが常設のものについても触れておこう。
このゲームには連合というものがある、所謂ギルド。そして連合同士のバトル、ドンパチミッションというものがあるのだが…
このドンパチ、1日2回決まった時間に30分間開催される。この時点で暇なニートしか毎回参加など不可能である。
30分間拘束され戦い続けなければならない拷問のようなクソゲーだが、デイリーミッションや期間限定ミッションなどで必ずと言っていいほどドンパチ参加が条件のものがあるためやらざるを得ない。
代理参戦というものがあるので、AIが馬鹿で雑魚だが一応それをポチッと押しておけば勝手に戦ってくれる。ただし1日1回しか使えない。抜け道として、開催中の30分以内に一度でも手動で参戦すれば代理参戦取り消しとなり1日2回使えはする。

そして多くのバグが残ったままのこのゲームだが、ドンパチミッションは特に顕著で参戦を押しても戦いが始まらずトップに戻される。フリーズする、表記がバグる、などサービス開始当初からあるバグが直っていない。
色々する前にまずバグをとれ、というのもユーザーの温かい意見の一つである。実際は喧々囂々だが。
https://twitter.com/hamuo244/status/1086844003411062784
ちなみに自分以外ほとんどログインさえしなくなった連合ハム緒組。恨みはすまい、普通ならこんなゲームやめる。

あまりにボロクソにしか言ってないので、さてはアンチだなテメーと思われるのも心外なのでこのゲームのいいところを上げておこう。
龍が如くオンラインはストーリーが中々に面白い。
新主人公の春日一番も気持ちのいいキャラクターで龍が如くの顔として恥じないニューカマーとなっている。
メインのストーリーはもちろん、キャラクターごとにあるストーリーも中々である。
もっとも、メインでは意味のない戦闘が合間合間に挟まりテンポが悪い。
キャラクターストーリーを見るためには当然そのキャラクターを得ていないといけない上に絆ポイントというものを貯めないとストーリーは見れない。その絆ポイント上げには適切なクエストはないため適当なところを鬼のように周回する必要がある。
運営もその辺り考えてくれたのか絆ポイント獲得量2倍を実施してくれてはいるが、2倍では全く足りない。

絆LVは3まで。添付画像では上がりきってるが、これを上げるのは容易ではない。
NやRの雑魚を上げようと思うとMVPも取りづらく、ポイントを多く得られるクエストにも難易度的に行きづらい。

あとはキャバクラは好みもありますが、本家龍が如くより嬢が可愛いです。
相手の気持ちをエスパーレベルで読んで3択を当てる必要があるのは本家と一緒で、ゴミ以下のクイズを出してきて不正解だと機嫌を悪くしますが、女の子ってのは面倒くさいものです。生暖かく見守って…マヨネーズが世界で一番好きな国がどこかとか知るかドブス!

こちらがオンラインのトリビアを毎回クイズ形式で教えてくれる豆しばキャバ嬢たち。

まだまだ色々とあるわけだが、この辺で締めるとします。長々と読んでくれた方はありがとうございました。

kukuluに龍が如くオンラインプレイヤーがいるかわかりません。また興味を持って始める人もいるかもしれません。
ハム緒組はそんなあなたの加入を待っています。


それでは。

495投稿 (2019/01/22 20:31:05)
kukuluBlogは天才チンパンジーでもブログが書けることを念頭に開発されました。
驚くべき低機能で設定項目は最低限。
あなたは今すぐにブログをはじめて、すぐに飽きることができます。



ブログの記事は「ブログ記事の作成と管理」ページから投稿・管理ができます。
この記事は「投稿済み記事の一覧」の「ようこそ、kukuluBlogへ」から編集ができます。
目を通したあとに削除していただいて結構です。

・kukuluBlogでは、HTMLタグはもちろん、JavaScriptも記事中に自由に含めて利用ができます。
(自動改行とURL自動リンクは記事投稿時のオプション設定から記事ごとに無効化できます。)

・ファイルは画像しかアップロードできませんが、「配信者アップローダー」を併用することでその他ファイルの提供も可能です。

・「がめんなう」のURLをそのまま記述するだけで、自動的に画像のサムネイルを表示します。


≪≪ ≪ 前へ
1 / 1 ページ
次へ ≫ ≫≫




(c) ハム緒のブログ.


kukuluBlogは、kukuluLIVEのユーザがブログを作成できるサービスです。
公開されている記事、写真等のデータはユーザが作成したものです。